器と食ときどき旅 陶芸家の旦那さまとの日々 沼津より


by nigirico

 割烹 信濃路。

仲良し3人(内1名旦那さま)で、沼津の割烹「信濃路」さんに伺いました。雰囲気の良い割烹で美味しいものがありそうです。最近こういう感じ好きだなぁ。
b0247192_1259380.jpg


お通しです。こういう和食が自然に作れる女性になりたいですね。たこときゅうりを胡麻油で合えた物が美味しくて、我が家でもマネしてみようと思います!
b0247192_1311295.jpg


小アジの唐揚げ。昆布の効いたポン酢でいただきました。きれいに下処理してあるので、とても美味しかったです。ビール進み過ぎです・・・
b0247192_138138.jpg


手羽も最高です。かんぱちのカマも塩焼きにしていただいたのですが、身がほわほわ柔らかに焼き上がっていて、脂も乗っていてとても美味しくいただきました!
b0247192_13103064.jpg


カウンターから見えるところに、里芋が!旦那さまが頼んでいました。芋嫌いなのに珍しい!でも瑞々しくて美味しかったな〜
b0247192_19404334.jpg

こちらに最初に伺ったのは、10年近く前。やはりこのメンバーでした。職業も違い、趣味も違うけれど、美味しいものが好きということと、人やものに対する姿勢?が合っているのか一緒にいると落ち着きます。

内1名が先週、ニューオータニの「トゥール・ダルジャン」にお食事に行ってきたとのこと!わたしが昔、教わったシェフがパリのトゥール・ダルジャンのスーシェフだったこともあり、ずっと行ってみたいと思っていました。今度一緒に連れて行ってもらおうと思います。久しぶりにフレンチを習っていた頃を思い出し、そして今まで忘れていた感情が溢れてきました。わたしの出発点。やっぱりここへ帰るべきなのか?

今週末、「カードリーディング」というものをやってもらうことになりました。これも必然なのでしょうね。
カードリーディングは相談内容に対してカードを引くことで意味を読み取っていくそうです。カードは偶然出てくるのではなく普段は感知していない自分が引かせているようです。

その時の、自分の状態、注目点が浮き彫りになり、深いところで感知していても、なかなか表面化しないことに気付き、迷っていることへの方向性が見出せたり、もやもやしている原因の一端を発見できるとか!

20代の頃よりは、自分がよくわからなくて苦しんだり、人と比べて悩むこともぐっと少なくなったけれど、やっぱり迷いは出てきます。心の声に耳をすませたり、人の声を聞いたりしながら、少しずつ理想の自分になっていけるといいな。
[PR]
by nigirico1111 | 2012-06-19 14:24 | 外ごはん